事業案内 (その1)Our Mission(#1)

一般財団法人 全国強制抑留者協会は、設立目的を達成するために、以下の事業を行っています。

1. 中央慰霊祭

  • 毎年秋、『シベリア抑留関係慰霊祭』という名称で、全国より抑留関係者(抑留体験者・ご遺族・戦友会等各関連団体他)のご参列により、東京で開催しています。

    「中央・地方慰霊祭」のページもご参照願います。

2. 地方慰霊祭

  • 各県支部主催により、各県建立の「シベリア抑留関係」慰霊碑等を中心に毎年実施しています。

    「中央・地方慰霊祭」のページもご参照願います。

年度別開催箇所数

平成 3 年 3 箇所 平成 11 年 14 箇所 平成 19 年 18 箇所
平成 4 年 2 箇所 平成 12 年 17 箇所 平成 20 年 18 箇所
平成 5 年 4 箇所 平成 13 年 18 箇所 平成 21 年 18 箇所
平成 6 年 9 箇所 平成 14 年 18 箇所 平成 22 年 18 箇所
平成 7 年 13 箇所 平成 15 年 18 箇所 平成 23 年 13 箇所
平成 8 年 11 箇所 平成 16 年 18 箇所 平成 24 年 15 箇所
平成 9 年 14 箇所 平成 17 年 21 箇所 平成 25 年 12 箇所
平成 10 年 14 箇所 平成 18 年 19 箇所 平成 26 年 14 箇所

3. 地方展示会

地方展示会ポスター一部
  • 『シベリア抑留』という世紀の悲劇を銘記、永遠の平和を祈念し、毎年国内数か所で、各県支部主催の『シベリア抑留関係展示会』を開催しています。抑留体験者による絵画、手記、関係パネル、写真、衣類他を展示しています。

    「地方展示会」のページもご参照願います。

年度別開催箇所数

平成 5 年 5 箇所 平成 13 年 5 箇所 平成 20 年 8 箇所
平成 7 年 (ロシア) 平成 14 年 5 箇所 平成 21 年 8 箇所
平成 8 年 3 箇所 平成 15 年 9 箇所 平成 22 年 6 箇所
平成 9 年 5 箇所 平成 16 年 8 箇所 平成 23 年 7 箇所
平成 10 年 4 箇所 平成 17 年 8 箇所 平成 24 年 9 箇所
平成 11 年 5 箇所 平成 18 年 7 箇所 平成 25 年 8 箇所
平成 12 年 17 箇所 平成 19 年 7 箇所 平成 26 年 6 箇所

4. 語り継ぐ集い

  • この歴史的悲劇の体験が日本の戦後復興・繁栄と平和の礎となっていることを理解してもらえるよう、各県支部が中心となって、抑留体験者がその労苦を次の世代に語り継ぐ集いを主催しています。展示会開催中の他、小中学校からの講演依頼も増加傾向にありますが、「語り部」の高齢化による減少という問題に直面しています。

    「語り継ぐ集い」のページもご参照願います。

年度別開催箇所数

平成 11 年 2 箇所 平成 17 年 13 箇所 平成 23 年 12 箇所
平成 12 年 4 箇所 平成 18 年 15 箇所 平成 24 年 14 箇所
平成 13 年 6 箇所 平成 19 年 16 箇所 平成 25 年 13 箇所
平成 14 年 8 箇所 平成 20 年 18 箇所 平成 26 年 11 箇所
平成 15 年 13 箇所 平成 21 年 18 箇所
平成 16 年 12 箇所 平成 22 年 10 箇所

5. 慰霊訪問(慰霊墓参)

  • 抑留体験者・ご遺族、戦友他抑留関係者を対象に、慰霊訪問ご希望の地域毎に班を編成し、現地慰霊墓参を毎年実施しています。

「慰霊訪問(慰霊墓参)」のページもご参照願います。

年度別参加者数

平成 2 年 54 名 平成 11 年 87 名 平成 20 年 51 名
平成 3 年 134 名 平成 12 年 123 名 平成 21 年 57 名
平成 4 年 144 名 平成 13 年 190 名 平成 22 年 34 名
平成 5 年 168 名 平成 14 年 79 名 平成 23 年 40 名
平成 6 年 126 名 平成 15 年 55 名 平成 24 年 26 名
平成 7 年 83 名 平成 16 年 61 名 平成 25 年 16 名
平成 8 年 67 名 平成 17 年 69 名 平成 26 年 15 名
平成 9 年 103 名 平成 18 年 59 名
平成 10 年 127 名 平成 19 年 85 名

6. 日露交流(シンポジウム)

  • 日露両国の首都、モスクワと東京において、日露交流シンポジウムを開催し、ロシア側有識者と未解決な抑留問題の早期解決について協議を行っています。また訪露の際は、ロシア関係各省庁も訪問し、早期解決の推進を要望しています。

「日露交流シンポジウム」のページもご参照願います。

(続き)次のページへ