事業案内 (その 2)Our Mission(#2)

一般財団法人 全国強制抑留者協会は、設立目的を達成するために、以下の事業を行っています。

7. 労苦調査

書籍『平和の礎』
  • 強制抑留者から手記、体験談、聞取り等の原稿を入手、「独立行政法人 平和祈念事業特別基金」発行『平和の礎』”シベリア強制抑留者が語り継ぐ労苦” の編集を行なってまいりました。

『平和の礎』年度別掲載者数

平成 3 年 82 名 平成 10 年 69 名 平成 17 年 65 名
平成 4 年 88 名 平成 11 年 41 名 平成 18 年 48 名
平成 5 年 84 名 平成 12 年 74 名 平成 19 年 33 名
平成 6 年 (統計表) 平成 13 年 58 名 平成 20 年 42 名
平成 7 年 57 名 平成 14 年 74 名 平成 21 年 36 名
平成 8 年 62 名 平成 15 年 59 名
平成 9 年 49 名 平成 16 年 54 名

8. 抑留現地実態調査

  • 抑留地、強制労働の作業現場、抑留者による建築物・構築物等の現状調査を行いました。
    (平成13年~平成16年)

9. 地方慰霊碑建立

  • 各県の慰霊碑建立推進に向け助成を行っています。
地方慰霊碑

年度別建立基数

平成 5 年 3 基 平成 14 年 1 基
平成 6 年 5 基 平成 15 年 1 基
平成 7 年 3 基 平成 17 年 1 基
平成 8 年 2 基 平成 18 年 2 基
平成 9 年 1 基 平成 21 年 1 基
平成 10 年 1 基 平成 23 年 1 基
平成 12 年 3 基

10. 遺骨帰還協力

  • 厚生労働省のソ連抑留中死亡者遺骨帰還事業に協力し、協会から団員を派遣。
    (平成6年~17年)。平成18年以降は、団員の推薦協力を行っています。

11. 相談・調査・後援

  • 抑留体験者、ご遺族その他関係者からの強制抑留に関連する相談、調査、後援等に対応しています。

年度別対応件数

平成 3 年 1435 件 平成 11 年 6930 件 平成 19 年 3400 件
平成 4 年 73 件 平成 12 年 5930 件 平成 20 年 2500 件
平成 5 年 245 件 平成 13 年 5830 件 平成 21 年 2212 件
平成 6 年 4625 件 平成 14 年 4730 件 平成 22 年 1615 件
平成 7 年 6600 件 平成 15 年 4620 件 平成 23 年 1069 件
平成 8 年 5700 件 平成 16 年 5931 件 平成 24 年 565 件
平成 9 年 4860 件 平成 17 年 5684 件 平成 25 年 493 件
平成 10 年 5560 件 平成 18 年 4654 件 平成 26 年 431 件

12. 会誌『財団だより』発行

  • 協会の事業や抑留関連情報他参考事項を記載した会誌 『財団だより』 を発行し、
    全国関連先に配布しています。

13. その他

  • 『戦後強制抑留史』や『抑留体験記』の編集に参画いたしました。(平成9年~16年)
  • 『中央慰霊碑』建立委員会に参画いたしました。(平成20年~21年)

前のページへもどる